<会長挨拶>

第14代会長を拝命する事になりました、中川製作所 中川 です。

まず、新型コロナウィルス感染拡大で健康被害に遭われた方々に、心より御見舞い申し上げます。

僅か4ヶ月前までは、3月末に予定されていたMACS2020の準備や、7月に開催されるはずだった東京オリンピックに向けて、ダクト業界そして国中が少し浮かれていた様に思います。事実、私自身も楽しみにしていました。

しかし、昨年末に中国武漢で新型コロナウィルスの人への感染が確認されたとのニュースは、あっという間に最悪のパンデミック(世界的流行)となって、私達の生活に大きく影響して来ました。緊急事態宣言が出され、「人との接触8割減」が求められています。また、経済への影響も深刻になって来ました。建設業界でも、工事が中断される事例が多くなって来ました。1日も早く事態が鎮静化し、経済活動が正常に戻る事を願うばかりです。「明けない夜は無い」。今は自粛に努め、経済活動の再開に向けしっかり準備したいと思います。

さて、今年の関東ダクト工業会総会は、自粛ムードが続く中で会員の皆様に御参集頂くのは、徒に感染リスクを増大させるだけとの判断により、規模を縮小して巣鴨の事務所にて開催する事とさせて頂きました。御理解の程、よろしく御願い申し上げます。

厳正なる御審議を頂ければ幸いです。

よろしく御願い申し上げます。

令和2年5月28日(木)
第55回関東ダクト工業会定時総会 会長挨拶より

関東ダクト工業会
会 長 中川 信